知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:21:01
Sterling_june 13

英国学生寮のファンド「Mansion Student Accommodation Fund」の2013.6.13の成績を入手しましたのでご紹介します。

いつものように左側が手数料前払いファンド、右側が手数料後払いファンド(英ポンド建て)となります。2013年6月の成績は各々+0.74%、+0.62%と先月よりも若干改善傾向にあります。そのため年初来の成績は、+3.02%、+2.31%となっています。単月の成績としては今年の中で一番良いということが分かります。

では、これをどう考えるかです。

過去12ヶ月というスパンで見てみますと手数料前払いファンドは+6.32%、手数料後払いファンドが+4.85%と、こちらは先月の+7.16%および+5.64%というパフォーマンスから下落してきていることも事実です。

特に手数料後払いファンドですが、2010年は11.19%、2011年は12.14%と良好なパフォーマンスを示してしましたが、2012年に+8.06%と落ち込み、この12ヶ月は+4.85%とさらに悪化しています。前述のように、先月の時点では+5.64%でしたので下落に歯止めが掛かっていません。

手数料後払いファンドの年利が4.85%であると考えますと、1年以内に解約しますと解約手数料5%でマイナスパフォーマンスになるという計算です。
これでは投資をする意味があまりない(自分的にはまったく)と思っています。
上記の経緯を考えますと、ここ数ヶ月書いてきました”解約推奨”から一段レベルを上げて、”迅速な解約推奨”とします。

現在のパフォーマンスであれば、先日ご紹介しましたチアファンドの8%(2年満期・手数料なし)に投資をした方が良いと思います。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/1986-9602724a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する