知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:37:31
2013年7月から募集開始になりましたプログレッシブキャピタルのエーデルワイス・ボラティリティ・ファンド(Edelweiss Volatility Fund)ですが、今一歩 ボラティリティ戦略というのが分かりにくいとの意見が友人からありました。

そうしたところ、少し前の日経ヴェリタスにタイムリーな記事が載っていましたので、それをご紹介することにします。タイトルは『資産配分にボラティリティ戦略を』というものです。

日経ヴェリタス20130714

世界最大級の資産運用会社である米ブラックロックが顧客に対して「ポートフォリオについての古い考え方を改め、ボラティリティ戦略を新たに取り入れよ」と言っているようです。

同社が選好するのは、米シカゴ・オプション取引所に上場するボラティリティ・インデックス先物(VIV指数先物)やS&P500株式指数のオプションなどのデリバティブを用いて「ボラティリティを売る」という戦略のようです。

ただし、素人がデリバティブ取引をしてもうまくいくはずがなく、FXや株式取引でさえも、多くの人が損失を出しているということからしても、ここはプロにお任せするのが懸命な投資家ではないかと思われます。

そこで登場したのがエーデルワイス(Edelweiss Volatility Fund)というわけです。ちなみに、25,000ドルから投資可能なEdelweiss D USDの成績ですが、7/19現在までで+8.00%(7月・単月)となっているようです。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/1997-fdb2fb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する