知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:36:40
Tulip Trend FundおよびEdelweiss Volatility Fund(エーデルワイス)は両ファンドともプログレッシブ・キャピタル社が組成したファンドとなります。
各々使用しているプログラムは違いますが・・・。

TulipからEdelweiss(エーデルワイス)への乗換を、プログレッシブ・キャピタルに支払う乗換手数料1%で出来るのですが、多くのアドバイザーでは取り扱いをしていないとの情報を頂きました。

その理由としては、Tulipから直接Edelweissに乗換されてしまいますとアドバイザーには収益(手数料収入)が発生しないからだと思われます。

一方、Tulipを解約して、新規にEdelweissに投資をしたとしますと、購入時に新規投資手数料が発生します。
この新規投資手数料がアドバイザーの収入になるのです。
そのため、収入にならない仕事はしないという方針でしょうか・・・。
我々投資家にとっては残念な対応です。

そうした時には、アドバイザー(IFA /事務処理会社)変更という手があります。Tulipの乗換処理をしてくれるアドバイザーに登録変更して、その後にTulip→Edelweissに乗り換えるという手順になります。

アドバイザー変更に約1ヶ月ほど、そしてTulipからEdelweissへの乗換時に無運用期間が1か月ほど発生するようです。

それでも、乗換が出来ないと思っていたものが、1%の手数料負担だけで出来るのであれば、リーズナブルな選択肢ではないでしょうか。

スポンサーサイト


コメント
いつもブログ楽しく拝見させていただいています。

アドバイザー変更とは移管すると言うことでしょうか?

さめ│URL│2013/08/16(Fri)12:24:52│ 編集
Re: タイトルなし
アドバイザー変更ということは、おっしゃるように移管するということです。

じん│URL│2013/08/16(Fri)18:16:35│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2016-4819b67c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する