知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:57:43
毎日新聞によりますと
『首都直下地震の被害想定の見直しを進めている中央防災会議の作業部会「首都直下地震対策検討ワーキンググループ」は、「防災上考慮すべき最大の地震」をマグニチュード8.5以上とする方針を固めた。

相模湾から東に延びる相模トラフが動くことを想定しており、被害は首都圏の広範囲に及ぶ見通し。従来はエネルギー30分の1以下のM7.5で対策を進めており、広域支援体制の再構築が迫られそうだ。

東日本大震災を想定できなかった反省を踏まえ、起こりうる最大規模を再検討。その結果、相模湾から千葉県沖まで延びる相模トラフの大部分が一度に動く可能性を否定しきれず、この場合はM8.5以上となった。

相模トラフでは過去、M8前後の地震が2回確認されている。1703年の元禄関東地震(M7,9〜8.2)と、1923年の関東大震災(M7.9)で、いずれも相模トラフの一部が動いたと考えられてきた。

M8.5以上の巨大地震が実際に起きた痕跡は確認されていないが、この2回の地震とは別の年代に、三浦半島で津波があった痕跡や、房総半島南部沿岸で地震による隆起が発見されるなど、未確認の巨大地震があったことを推測させる新たな知見がここ数年で発表されている。』
とのことです。

昨日は関東地方でも震度5弱の地震がありました。ブログでは少し前にテールリスクについて書きましたが、本日はもう一度考えてみたと思います。

テールリスクとは、確率は低いが発生すると非常に巨大な損失をもたらすリスクのことを指します。(自然災害だけに限りません。)

我々の記憶にまだ新しい東日本大震災、それに伴う津波被害、そしてさらに原子力発電所の事故。これらはまさにテールリスクと言えます。

首都直下型地震も近いうちに起こると言われています。そうした時に、東日本大震災後のように『想定外、想定外』を繰り返していたのでは、我々には進歩はありません。

”お住まいの地域に大地震があり、自宅と仕事場が壊滅的な被害を受け、自宅を失った上に仕事も失うという想定”で、こうした状況で自分ならどうするのか?

もっと言えば、再び原発事故が起こり、その地域に戻れないという想定も加味し、家族も含めた将来計画をきちんとしておく必要があると思うのです。

これは地震の時に何をもって逃げ出すのかというようなレベルの話ではありません。皆さんもこの機会に真剣に検討してみることをオススメします。

スポンサーサイト


コメント
No title
再度の原発事故が心配で、地震のない国、マレーシアに移住した知人がいました。

東人│URL│2013/11/11(Mon)22:23:36│ 編集
Re: No title
マレーシアは自分も今年行きましたが、地震も原子力発電所もないようで、しかも夏でも日本より涼しかったです。物価も安価で移住するには良いかもしれませんね。

じん│URL│2013/11/12(Tue)07:52:44│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2086-fd1854b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。