知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:42:26
日経ヴェリタス2013.12.15

日経ヴェリタス2013.12.15に興味深い記事がありましたので、本日はこれをご紹介します。タイトルは『CPI上昇 あくまでも円安効果』というもので、政府には不都合な真実でもあると思われます。

ここのところ、色々な物の物価が上昇し始めていますが、この原因は円安によるものだと指摘しています。本来的な物価上昇というのは、給料の上昇が先にあり、消費が増え、それに伴い売上が拡大することで、売り手側がもう少し高くても売れるのではないかという判断から、価格上昇をしていくものです。

ところが、現在は給料は増えない中での物価上昇ですので、政府が目指している”給料上昇による景気回復を伴った物価上昇”という展開には全くなっていないのです。

そろそろ政府としても自分たちがやってきた”アベノミクス効果の検証”を始めるべき時ではないでしょうか。

円安が一服するような展開になれば、エネルギー価格のCPI押し上げは縮小していくとの見方が多いようです。

野口悠紀雄氏もダイヤモンド・オンラインの中で、「約2割の円安によって消費者物価が1%ポイント上がったのだから、これがさらに1%ポイント上がるためには、さらに2割程度の円安が進む必要があろう。しかし、そうなる可能性は低いのではあるまいか。」と述べています。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2142-54ab1726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する