知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:45:48
日経ヴェリタス20130105

日程も2014.1.5号に興味深い記事がありましたのでご紹介しています。
タイトルは『偏るアベノミクス 規制緩和足らず』というもので、東短リサーチ社長の加藤 出氏が寄稿したものです。

「アベノミクスは財政と金融に偏り、規制緩和が行われておらず、地域ごとの景気度合いに偏りが生じている。また、財政拡大と金融緩和を続けるとマネタイゼーションの懸念がある」と述べています。

「景気が回復していると言われる地域を見てみると公共工事の拡大がその理由である」とのことです。つまり、今回の景気回復と言われるものは、本格的で自律的な回復ではないことが分かります。

これではアベノミクスが目指している給与水準の上昇ということにはつながらないと思われます。しかも2%の物価上昇を目指して、その上消費増税ですから、4月以降は景気がさらに悪化することが予想されます。

新しい産業を生み出していくということなしに景気回復はないと思うのですが、政府もそのための規制撤廃努力をしている気配が感じられませんし、企業側も今までのものを壊してでも新しい産業を・・・という気概が感じられないような気がしています。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2155-b0180dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。