FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/08«│ 2020/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:25:57
WFF成績

Winton Futures Fundの2013年の成績を入手しましたので、WFFの昨年を振り返ってみたいと思います。

WFFの12月の成績は単月で+0.38%(概算値)となり、2013年の年間成績も+9.42%(概算値)となっています。

MFトレンドフォロー戦略のファンドは”解約推奨”と先日のブログでは書きましたが、WFFは数年前から戦略の変更を行ってきており、既にMFトレンドフォロー戦略(に特化した)ファンドとは言えない構成です。

現時点でのトレンドフォロー戦略の割合は50%となっており、現物株式戦略が25%程度、レラティブバリュー戦略が7%程度となっているようです。こうした戦略の変更が、AHLやTulipなどとの成績の違いを表していると思われます。

それは、Winton自身も「2013年の成績は、単純なトレンドフォロー戦略を採用するCTAではない道を選んだ当社に自信を与えてくれます」と書いていることからも分かります。

今後の成績がどうなっていくのかは分かりませんが、2000年〜2008年のような成績は今後は望めないのではないかと思っています。

今回のWintonのレポートでは、過去のデータに基づき長期・中期・短期に分けたトレンドフォロー戦略からの想定パフォーマンスをグラフにしていますが、全ての戦略で年を追うごとに成績が低下していることからも想像できます。

特に、短期トレンドフォロー戦略の成績低下が最も大きく、近年トレンドの転換が速いために、短期トレンドフォロー戦略を取り入れたファンドもけっこうありますが、それらの成績が芳しくないのはここからも言えるのかもしれません。

そうなるとWintonに期待できるパフォーマンスとしては、年5〜10%程度なのではないかと想像しています。

スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2156-abeffd46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する