FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/08«│ 2020/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:15:23
日経ヴェリタス20130126

日経ヴェリタスに興味深い記事が載っていましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思っています。

今月31日に償還期限を迎える中誠信託(北京市)が2011年2月に組成した信託商品「誠至金開1号」(投資家に9.5〜11%の利回りを提示して販売)が償還となるようです。

ただし問題は、この商品はうまく運用されておらず、損失を抱えているようなのです。その損失を誰が負担するのかということで揉めているのです。

本来この商品は元本保証ではないので、投資家が損失の責任を負うのが原則ですが、中国の銀行は信託商品を預金類似商品として販売しており、投資家は銀行や信託会社などに「暗黙の保証」を期待しているという側面もあります。

そのため、今回一度でも裏切られれば同様の商品の新規の発行が難しくなる恐れもあるのです。

中国では石炭会社や不動産会社、地方の開発プロジェクトに至るまで信託商品に資金を頼っているのが実情で、経済を支えるマネーの流れを止める可能性も懸念されています。

中国で始まった損失負担を巡るババ抜き、どういった決着になるのか、我々も注目をしていく必要がありそうです。

スポンサーサイト





コメント
No title
この商品に関しては、中国工商銀行が元本保証して償還させるようです。利息はディスカウントするらしいですが。ブルームバーグ、ロイターなど報道しています。

東人│URL│2014/01/28(Tue)23:08:00│ 編集
Re: No title
今回の問題はそのように処理がなされるようですね。ただ、ババが消えたわけではなく、投資家から銀行へ移ったというだけですね。次々とこうした状況が出てきた場合にはどうするのか、今後も注視していく必要がありそうです。

じん│URL│2014/01/29(Wed)08:27:22│ 編集
No title
このファンドはサイズも小さいし、春節前だから無難に済ませたのでしょう。春節明けは要注意かもしれませんね。

東人│URL│2014/01/30(Thu)22:58:52│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2176-9fe72e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する