知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:27:40
MREOF Factsheet1

本日のブログではモンテーロ(Motello Real Estate Opportunity Fund 以下 MREOF)を書いてみたいと思っています。
これは先日の勉強会で取り上げたファンドです。

モンテーロは2008年に短期融資を専門とするビジネスを英国でスタートさせました。基本的なビジネスは住宅ローンがおりるまでのつなぎ融資ということになります。英国では銀行が融資をしてくれるまでに審査にだいぶ時間が掛かるためにこうしたビジネスが成立するとの話でした。顧客に12〜13%で融資して、その融資の資金を提供するのが投資家というスキームです。

今回ローンチするMREOFですが、これはベースとなるMontello Income Fundをオフショア投資家向けにルクセンブルグ籍の投資信託としたものです。

MREOFのビジネスモデル(Montello Income Fundと同じ)は、ロンドン市内の住宅のつなぎ融資で、担保割合に対して最大で75%の融資を、銀行ローンがおりるまでの期間(1ヶ月〜12ヶ月)行うということです。

90%程度の物件は第一抵当、10%程度が第二抵当で、2008年から現時点までで5%のデフォルトがあったが、不動産で回収したためにロス率はゼロであるとのことです。平均的な融資額は7〜8千万円、平均融資期間は5〜6ヶ月とのことです。

MREOFの最低投資額は1万GBP、1万USD、1万EURとなっていて、初期投資手数料なしで、解約手数料は1年以内が5%、そこから1年経過ごとに1%減じて、5年でゼロになるというタイプです。為替のヘッジがないために、GBP以外での投資となりますと更に通貨毎の為替差益・差損が生じます。

想定リターンとしては、6〜10%なっているようです。ちなみに、ベースとなるMontello Income Fundは8.5%の固定金利商品で、こちらに投資をすることも可能なようです。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2220-d5b2443d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する