知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:54:02
日経ヴェリタス

日経ヴェリタス2014.6.22号に『人ごとではない米格差問題』という東短リサーチの加藤出氏の記事がありましたので、これを取り上げてみたいと思っています。

以前、堤未果さんの本を何冊か読んだ時に、米国の深刻な貧困化について書かれていたのを思い出しました。

2002年からの10年間で、米国で所得を増やしたのは一部の富裕層だけだったという事実は深刻だと思います。こうした事態は、国の不安定化や治安の悪化などの原因となるからです。

米国が発表している失業率は、1年以上職に付けていない人を除いたりすることで、数字を低く出しているという情報もあり、実態はその数倍の数字というのが現実のようです。

こうした格差は日本でも徐々に広がりつつあり、今後深刻な問題となると思われます。すでに、生活保護をもらっている世帯数は毎年増加傾向にありますし、グローバル化した仕事で、賃金は低い国の水準に合わせられるという傾向にあります。(そうでないとそうした国に仕事は流れていくため)

「中間層の雇用や賃金は相対的伸びにくく、もしインフレが日銀の言うように上昇したら、生活がこれまでよりも苦しくなる人が出てくる恐れもありそうだ」と加藤氏は危惧しています。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2316-c77f5d94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。