知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:30:06
ファインワイン勉強会に参加してきました。
本日はそのまとめとして、勉強会のサマリーを書いてみたいと思います。

AMPHORAというロンドンにある会社(2008年設立)が仲介してくれるワインの現物投資です。

現物のワインを購入して、ロンドンの地下セラーに保管してもらい、値が上がってきた時点で売却するというスキームです。セラー内のワインは、自分名義で保管され、予約は必要ですが、実際に見に行くことが出来ます。

上記のようにスキーム自体は非常に明快です。保有期間としては最低3〜5年、最低投資額は1,000GBPから可能だと言っていましたが、銘柄の分散などを考えますと10,000GBPあたりからの方が良いかもしれません。

まずは、先方に投資予定金額を伝えますと、(その予算で)現時点で購入可能ワインのリストが送られて来ます。それで気に入れば、送金して投資開始という流れになります。リストから一部を除外して購入することも可能なようです。

また、出口戦略ですが、ワインの価格推移をAMPHORAがチェックしてくれていて、売りどきも案内が来るようです。AMPHORAは売却ルートも既に保有しており、そのルートを通じて市場価格で売却されるとのことです。

手数料ですが、購入金額の15%が掛かり、これには5年間のセラー保管料、保険料なども含まれています。6年目以降に関しては、年1.75%が掛かるようです。

AMPHORAの言い分としては、アルゴリズムを利用したデータを元に銘柄選定をしているため、通常のワイン投資よりも良い成績を残すことが可能だとのことでした。また、株式との相関係数が0.1とのことですので、分散投資の1つとしても悪くないのかもしれません。

wine.jpg

上記はファインワインおよび金融資産、金、原油などの値動きをグラフにしたものです。これを見ますとワインの上昇が大きいことが分かります。
2006年〜2008年の上昇はロシアでの買い、2008年の下落はリーマンショックでの売り、2010年〜2012年上昇は中国での需要拡大、そしてそれ以降の下げは中国での汚職撲滅キャンペーンで需要が減退したことが原因のようです。

1998年〜2014年のファインワイン投資の利回りは、年平均で13.62%になるとのことです。

現在、高値よりも価格が落ちてきているので、投資を開始するのには良い時期ではないかということでした。個人的にはちょっと面白そうだと感じています。

スポンサーサイト


コメント
No title
売却はAMPHORAが買い取りですか、それともオークションですか?後者の場合、代行手数料は発生しますか?

KAZ│URL│2014/08/04(Mon)13:27:16│ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2014/08/04(Mon)16:02:00│ 編集
Re: ボルドー
情報ありがとうございます。ボルドー以外にも、ブルゴーニュやカリフォルニア、ニューワールドもあるようです。

じん│URL│2014/08/04(Mon)16:25:14│ 編集
Re: No title
売却に関してですが、AMPHORAが売却ルートも既に保有しており、このルートを通じて市場価格での売却となるとの説明でした。手数料は初期の15 %に含まれています。

じん│URL│2014/08/04(Mon)16:30:13│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2355-1fd65d69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。