知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:30:42
インフレどころか世界はこれからデフレで蘇る

中原圭介氏の著書である『インフレどころか、世界はこれからデフレで蘇る』を読みました。

この中でアメリカの家計は「借金経済」、日本の家計は「貯蓄経済」と大きな違いがあり、事情が違うにも関わらず、わざわざ国民の貯蓄を目減りさせるようなインフレ経済を採用する必要があるのか?、そんなことをしたら国民に損害をもたらすだけではないか?と指摘しています。

また、アメリカのQEの背景には、アメリカ国民は金融資産の半分超を株式や金融商品のかたちで保有しているため、株価や金融商品の相場が上昇するれば、国民は消費を増やし、企業業績も回復し、景気回復に繋がるとの考えがあります。
しかしながら、氏は下記のように反対意見を述べています。

『確かにバーナンキ議長は自分の思惑通りに株式や金融商品の価格を上昇させ、ドル安を通じて大企業の業績も回復させることに成功した。しかし、株価の上昇は決して国民全体を潤すことはなかった。株式を大量にもつ者、そうではない者の格差をいっそう拡大させただけだ。
バーナンキ議長の考えているアメリカ国民とは一般国民のことではなく、富裕層のことを指しているのではないだろうか。バーナンキ議長やその後を継ぐイエレン議長をはじめ、FRB幹部のほとんどが富裕層に属しているという事実を考えると、インフレ政策で得をしているのは彼ら自身でもあるといえるからだ』


アメリカでは政治、企業、金融当局がスクラムを組んで、経済政策や金融政策を決める傾向がありますが、近年はウォール街のロビー力でウォール街の意向に沿った政策が採られていると言えます。

日本でもリフレ派と言われる経済学者主導で、インフレ政策を進めていますが、果たして正解なのでしょうか?

『国民の所得はなかなか増えず、しかも物価が上がり続けているということは名目以上に実質的な所得は減る傾向にあり、国民生活が苦しくなりつつあるということにほかならない』

『そもそもリフレ派の経済学者は、デフレになると景気が悪くなる、諸悪の根源はデフレであると言っているが、この考え方自体が間違っている。デフレの原因は国民所得の下落にある。
国民所得の下落の原因は、3つある。1つめは経済のグローバル化により、製造業が海外に流出したことだ。そうなると平均所得が高い製造業の雇用が減って、それに代わり所得が低いサービス業が増えていくのだから、国民所得が下がる。
2つめは、企業の経営努力と企業間の競争の激化である。
最後の3つめは、量的緩和の長期化がもたらした中小企業への貸し渋りである。量的緩和以前から短期金利はずっとゼロに近いままで、その一方長期金利が量的緩和で低下してきたので、銀行が行う貸し出しの利幅は大幅に縮小することになった。そのため、銀行は融資先を財務内容が健全な議業に絞り込むようになった。
雇用の中心となっている中小企業が銀行の貸し渋りにあって、経営が厳しくなってしまったので、賃下げなどをして、国民の多くは所得が減少したのである。』

歴史を振り返ると、インフレの時よりもデフレの時の方が好況のケースが多く(本ではそうしたデータ、論文なども紹介)、インフレによりアメリカや韓国などの国民生活がいかに悲惨かを紹介しており、デフレの日本の方が国民生活はまだ健全であると述べています。

日本の場合には物価下落速度よりも、所得の下落速度の方が速いというのが問題(悪いデフレ)であって、物価下落速度の方が速ければ、良いデフレとも言えます。そういった意味から、氏は『経済学者も政治家もマスコミも”デフレは悪い”という固定観念を一度捨て去り、より正確な議論を行うべきなのではないだろうか』と提言しています。

景気回復が起こり、需要の増加により、所得の上昇を伴ったインフレ(所得の増加の方が物価上昇よりも大きい=良いインフレ)ならば納得するのですが、先にインフレを起こし、それで所得を上昇させるという論理は自分も理解できません。

スポンサーサイト


コメント
インフレ待望論
中銀の通貨過剰供給によるインフレ期待論について
資産を持てるものに有利に働くと共に
政府債務の実質削減になることが明らかです。

私の読んだ本には持てるものと持てざるものの
格差拡大が限界に来ており、いずれはバブルが破裂する
との話でした。基本論調は同じですね。

こっしー│URL│2014/08/17(Sun)15:41:06│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2366-17b3b02d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する