知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:28:05
日本経済新聞

6/23のブログで映画「モンサントの不自然な食べもの」について取り上げ、”遺伝子組み換え食品の危うさ”をご紹介しました。

昨日、何気なく日本経済新聞を見ていたところ、「遺伝子組み換え作物、輸入多い?」という記事を見つけましたので、これを取り上げてみたいと思っています。

日本では遺伝子組み換え食品(GM)には大きな抵抗があり、大きくは流通していませんが、これを飼料食品・加工食品ベースでみますと大きくシェアを伸ばしている(飼料用など10年で4割増)ようです。

日本で採れる飼料用トウモロコシや飼料用大豆の量が少ないということが基本にあるようですが、価格が安価だということもその背景にあると思われます。(飼料用のトウモロコシの自給率は0%、飼料用大豆も10%未満と記載されています。)

つまり、普段からGM食品を避けるように、表示を確認して購入している人々も、知らず知らずのうちにGM食品を食べているということなのです。幾つか例をあげますと、いつも使いの食用油(大豆油や菜種油)などは基本的にGMですし、飲料・食品などに含まれているブドウ糖果糖液糖もGMです。さらに言いますと、肉に関しても、遺伝子組み換え飼料を食べている動物の肉を食しているわけです。

自分はブログで書いているくらいですので、他の人より一層気をつけているつもりで、肉は食べませんし、菜種油も”遺伝子組み換えでない”と表示されている商品を購入しています。その自分でも、外食時の食べ物は避けられませんし、普段食べている有機野菜の肥料として使用されている糞尿なども、GM食品を食べた動物からの可能性が高いと思います。

そうしたことから可能な限り、有機食品→無農薬・無肥料栽培食品への転換を図ってはいます。それでも、けっこうな量のGM食品が自分の口の中に入っているのではないかと想像しています。(GM5%以下の加工食品は表示義務さえない)

モンサントのような大手企業はロビー活動などで、どんどん自分たちに有利な法律を通してきますから、我々が出来ることは「そうした食品を買わないこと」、「そうしたものは買わないという声を上げること」ではないかと思っています。

スポンサーサイト


コメント
恐ろしい未来
安倍政権の進めようとしている政策(農業の民営化、TPP推進など)は、遺伝子組み換え食品(GM)のさらなる進出を助長するものです。
安倍政権は明らかに日本を米国のような食の危険な国にしようとしているのです。
一部のメジャー食品企業に日本の食が牛耳られる日は近いでしょうね。

ぽんた│URL│2014/09/11(Thu)12:12:53│ 編集
Re: 恐ろしい未来
自分も同じような危惧を持っております。各々がそれを判断して、取捨選択することが重要だと思っています。

じん│URL│2014/09/12(Fri)11:05:39│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2393-5f165fbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。