知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:15:24
ヤバイ日本経済

東洋経済新報社から出版された 山口正洋・山崎元・吉崎達彦氏らの著書である『ヤバイ日本経済 常識を疑え! 金融・経済、本当の話』を読みました。

この中で日本経済のこと、米国や中国、新興国のことなども書かれていましたが、新たな情報というものはあまりなかったというのが正直な感想です。

この中で比較的面白かったのは、不動産についてです。

山口氏『不動産屋というのは自分たちが欲しくないものしか売りません。賃貸に回して十分に儲かるような物件だったら、絶対に手放しませんから。「この物件は長く持っているよりも、さっさと売ってしまったほうがいい」と判断しているから売るんです。とかく不動産屋は自分たちがいらないものは売るけれど、欲しいものは絶対に手放しません。それが経済原則です。だから不動産市場に出ているマンションは、業者がいらないと思っているものだけです。』

山崎氏『若いサラリーマンはわりと堅実に貯金して賃貸住まいの人が多いのですが、そのくせ住居用ではなく、投資用にワンルームマンションなんかを買う人もいるそうですね。売り手側は自分たちで持ちたくないからセールスをしているわけだから。』

山口氏『本当に店子を探すのに困らないようなマンションだったら、誰も売らないからね。いま、ワンルームなんてみんな人が入らなくてヒーヒーいっていますよ。大学生だって減ってしまっているのだし。』

吉崎氏『いま、年間105万人くらい生まれて120万人くらい死ぬ勘定でしょう。これから先、そんなにワンルームマンションに入ってくれる人はいないですよ。』

医療保険についても下記のように言及しています。

山崎氏『がん保険に限らず、民間の医療保険はいらない金融商品の代表です。普通の健康保険に入っていれば、仮に大病をして高額な医療費がかかっても、ちゃんと高額療養費制度でカバーされます。
その保険の採算の内訳が公開されていないこと自体、消費者保護上非常に問題なんですけれど、加入者の側から見れば、だいたいは5000円の医療クーポンを1万円で買っているような感じになっています。』

上記の部分は賢明な投資家にとって参考になるのではないかと思われます。
ただし、がん保険などは止めた途端にがんになるのではないか?という心理的な葛藤があり、なかなか止める決心が出来ない商品だとも言われているようです。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2394-36034326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。