知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:34:49
週刊ポスト1  週刊ポスト2

週刊ポストに「アベノ不況で賃金は下がりっぱなし 購買力は中国の1/3になった」という記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思っています。

安倍政権は消費再増税をするための口実として、日経平均株価は17,000円を超えておく必要があると考えているようです。そのために「円安に誘導し、株価を上げるという手段で政権維持と増税の環境整備と図っているのはご都合主義だ」と書いています。

また、その証拠に円安で国民生活はどんどんと窮乏しているとしています。
電気代、食料品、衣料品などの値上げで生活コストが3%上昇したにも関わらず、その間に国民所得は下がり続けているのですから、景気が急減速しているというわけです。

「物価上昇分を除いた実質賃金指数」は前年同月比1.4%減で13ヶ月連続のマイナスという数字が事実を物語っています。これほど長期に渡り賃金減となったのは、リーマン・ショック以来とのことのようです。

「賃金減」と「生活コスト上昇」で”実質化処分所得は25年前の生活水準になってしまった”とも書かれています。

当初は円安効果により輸出企業の業績が回復し、それが上から下へと降りてくると言われていましたが、円安になれども輸出量は増加せず、かえって減少してるという状況が既にアベノミクスの失敗を表しているとも言えます。

世界では各国GDP比較をする時に、ドルベースで評価するために「日本は中国の半分以下の経済規模しかない国」ということになってしまっているのです。
本来は、需要を増やす成長戦略が必要なわけですが、アベノミクスの第3の矢は一向に見えてきません。このまま”日沈みゆく国”になっていく気がしています。

スポンサーサイト


コメント
それが政治家
日本が沈没しようが庶民が貧しくなろうが、自分たちの実入り(消費税アップにより自分たちの財源確保)を最優先させるのが政治家という人種なのです。
あと、問題となった政務活動費の公開に徹底して反対してるのは自民党と民主党だそうです。どちらが与党になっても救いようがありませんね。

さかな│URL│2014/09/29(Mon)12:53:25│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2412-9ae7b4e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。