知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:00:34
日経ヴェリタス

日経ヴェリタスに、QE3後の為替相場について、為替の専門家二人にインタビューした記事がありましたので、本日はこれをご紹介しようと思っています。

・「米で円安批判薄れる、新興国通貨は割安」 マーク・チャンドラー氏
「為替動向は金融政策の方向性の違いから明らかに円安・ドル高という方向性にある」と答えています。「2015年上半期は最近の105円〜110円のレンジから、110円〜115円へとシフトするだろう」と述べていますが、ここ数日で氏が言及したレンジにシフトしていますので、もう少し円安が進行すると考えた方が良いのかもしれません。

また、新興国通貨については、混乱は昨年で終了し、現時点では割安感があると述べています。特に、オーストラリア、ポーランドは良いとみているようです。

「緩やかなドル高続く、豪ドル下落に警戒」 アダルシュ・シンハ氏
シンハ氏もドル高を見込んでいるようですが、その理由としては「米国の経常赤字体質に変化が生じていること」「以前と比較して輸入品よりも国内消費という傾向がみられる」ことを要因としてあげています。

上記の理由から経常赤字が減ることで、FRBがどのような政策をしようが、中期的にはドル高が継続するとしています。

投資家の慎重な意見も踏まえると、氏が予想する円・ドルレートは14年末で1ドル=108円、15年末で1ドル=115円と見ているようです。(両氏の予想を超えた円安水準となっているのは、インタビューが追加緩和前だったと思われます)

逆に、チャンドラー氏と違い、オーストラリアドルに懸念材料があると指摘しています。それは、資源開発の7割を海外に依存しており、資源の採掘ブームは峠を越え、魅力的な投資先でなくなったことがその理由だと回答しています。
「2015年には大幅な調整に入る可能性があり、警戒すべきだ」とも言及しています。

上記の二人に共通する意見としては、方向性は円安・ドル高が暫く継続するだろうということです。逆に、オーストラリアドルについては意見が分かれていますので、どのようになっていくのか注視していく必要がありそうです。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2453-7d3d1158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する