知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:22:22
週刊ポスト

週刊ポストに『アベノミクスなんて「存在しなかった」驚きの証拠データを公開する』という記事がありましたので、これを取り上げてみたいと思っています。

週刊ポストによりますと”アベノミクスは存在せず、単なる「政治的幻想」である”と糾弾しています。

第二次安倍政権発足から現在までの消費総合指数(内閣府のデータで、消費が上向いているのか、落ちているのかを判断する指数)を見ますとグラフに「アベノミクスの成果」らしき上昇カーブがあります。

ところが、酷似したカーブは以前にも出現したことがあるのです。
それは、1995〜1997年です。
では、その時とは? 消費税が3%から5%に上げられた時ですね。

つまり、今回「アベノミクスの成果」と言われている景気回復というのは、「駆け込み需要だった」というわけです。
安倍首相は13年〜14年の春先まで消費が上向いたことを「アベノミクスの効果だ」とアピールしたと指摘しています。

13年度の実質GDP成長率2%というのは、「増税前の駆け込み需要+財政出動した公共事業」というのが正解だったようです。

そもそもアベノミクスの2大目標は、「円安による輸出拡大」および「実質賃金の引き上げ」でしたが、実質賃金はアベノミクス以降低下し続けていますし、輸出量も増えるどころか減少傾向にさえあります。(円建ての輸出額のみ増加)

これは何度かブログでも書いた記憶がありますが、そもそも前提が間違っていたのです。医者で言えば、診断ミスをしているわけですから、その治療法も間違ってしまうという当然の結果です。
しかも、第3の矢と言われている成長戦略に関しては、全く見えてこない状況です。本当は無いのかもしれません。裸の王様なのかも・・・です。

このままアベノミクスという蜃気楼で、円安と物価高だけが起こり、不況下のインフレ(スタグフレーション)に陥らなければ良いのですが、そう願うばかりです。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2478-73fb119f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する