知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:57:51
確定拠出年金

昨日は「アクティブファンド VS パッシブファンド」を書きましたが、本日は続きとなります。「確定拠出年金で老後資金作り」ということで、老後の資金形成をパッシブファンドでするのであれば、証券会社の通常取引よりも、確定拠出年金を利用した方が圧倒的に有利だという情報です。(条件に合えばですが・・・)

確定拠出年金とは、公的年金に上乗せする私的年金で、加入者自身が商品を選んで、決めた掛け金(拠出金)で運用していく年金です。つまり、毎月の掛け金は決めておいて、受取額は運用成績次第で変わってくるということなのです。

確定拠出年金で支払った掛け金はすべて所得から差し引かれるため、所得税と住民税の支払いを減らすことができ、しかも運用中は同制度の金融商品の運用益は非課税となり、受け取り時にも税金が控除されます。デメリットとしては、60歳まで掛け金を下ろせないということは知っておく必要があります。

このように有益な制度をほとんどの人は活用しておらず(内容を知らない人も多い)、民間の個人年金保険などに入っていたりしますが、確定拠出年金の方が断然有利です。(民間保険会社の人は本当のことは言いません。売れなくなるので)

たまには、ファイナンシャルプランナーとしての話もしてみようかと・・・(笑)

確定拠出年金には、定期預金のような元本保証型も選択できますが、日銀が2%の継続的なインフレにすると言う以上、預金金利がそれ以下ですとマイナス金利と同じ状況になります。これは賢い選択ではありませんね。

そこで、自分のオススメは、「確定拠出年金で税金を減らしつつ、世界株式ETFをドルコスト平均法で積み立てしてはどうか?」ということです。

世界株式に投資をすることで、投資対象を全世界に分散できますし、米ドル・ユーロ・ポンド・日本円など世界の通貨を株式市場の時価総額に応じて保有しているため、為替リスクに中立であることもメリットです。(続く)

スポンサーサイト


コメント
確定拠出年金
ごぶさたしております。久しぶりのコメントです。私も偶然ですが、これをはじめるのがいいのかなと調べていました。
月7万円までの積み立ては所得控除の対象みたいですね。高額納税者にはかなりのメリットな気がします。私が調べたところではSBI証券の世界株式と世界債券INDEXものが0.20-0.25%の信託手数料なのでいいかなと思っていますが、VTにはかないませんね。じん様もなにかお勧めのFUNDがあったら教えてください。

ホン│URL│2014/12/23(Tue)11:23:21│ 編集
Re: 確定拠出年金
確定拠出年金は税金を減らしながら積み立て投資ができる点がいいですね。自分はSBI証券の「EXE-i先進国株式ファンド」および「EXE-i新興国株式ファンド」を組み合わせるのが良いのではないかと思っています。
両者ともに信託報酬が年 0.2484%(税抜:年 0.23%)と安価なこと、この2つで日本を除く世界に多く分散できる点が良いと思います。債券という選択肢もありますが、株式は債券や預金よりも高い利回りが期待できるために、こうした選択としました。

じん│URL│2014/12/23(Tue)17:53:29│ 編集
確定拠出年金
国民年金総額で6.8万円までなことや企業型は金額が違うことなど知らないことだらけで参考になりました。さっそく本を購入して勉強します。 バランスのとれたポートフォリオにするためCTAなどと組み合わせて、税金控除でインデックスものの株式,外債をかうならこの確定拠出年金はさいこうですね。

ホン│URL│2014/12/24(Wed)00:00:28│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2499-a957377b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する