知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
09:07:54
2014年も残すところあと1日となりました。
今年もブログを通じて色々な方ともお知り合いになったり、意見交換をさせて頂いたり、食事や飲み会ををご一緒させていただいたりと、大変お世話になりました。皆さまにとって2014年はどのような1年だったのでしょうか・・・。

バイロン・ウィーン氏の「2014年10大びっくり予想」を1/20のブログでご紹介しました。

日経ヴェリタス20130119

その時のブログで「年末に検証してみたい」とお書きしました。
どんな結果だったのか、予想の当たり外れを見てみましょう。

S&P500指数は1,850あたりから始まり、2/3に1,741と6%あまりの下落をしましたが、年の最後には2,090近くまでに上昇してきました。上昇率は13%ということになります。氏の予想の20%には届いていませんが、方向性としては”当たり”といっても良いのではないでしょうか。

米国の失業率も10月のデータで5.8%、成長率は10月のIMFのデータで2.15%となっているようですので、当たりと言っても良いのではないでしょうか。

また、為替レートに関してもドル高が進み、円も1ドル=120円をつけました。
これも予想通りでした。自分はここまで円安が進むとは思っていません(1月の時点でも予想に懐疑的と書いています)でした。

日経平均株価は一時18,000円を付けましたが、氏の予想の「年前半に18,000円まで上昇、年後半に20%下落」というようにはなりませんでした。

原油価格に関しては、「110ドルを超える」という予想でしたが、全くの外れで50ドルを切ろうかというレベルまで落ちています。さらに、オバマ大統領の支持率上昇・民主党が議席を伸ばすというのも外しています。

また、「米国の長期金利4%を超える」ということですが、こちらは現在でも2%を超えるくらいですので、こちらも外したようです。

2013年は10項目のうち、的中は1項目だったようですので、正解率は上がったと言っても良いと思います。皆さんは何点をお付けになるでしょうか。

2015年が良い年になるようにお祈りしております。by じん

スポンサーサイト


コメント
No title
いつも興味深い記事の紹介と解りやすい解説をいただきありがとうございます。
今年は自前のソーラー発電所設置で忙しく、投資の方はお休みしていましたが、来年からまた海外投資の勉強を始めたいです。

よいお年をお迎えください。

山中│URL│2014/12/31(Wed)21:39:12│ 編集
Re: No title
こちらこそ、いつもご覧頂きありがとうございます。このような有り難いコメントが継続への力となります。
2015年もよろしくお願い致します。

じん│URL│2015/01/01(Thu)06:51:35│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2508-1decf27b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。