知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:56:17
日経ヴェリタス

日経ヴェリタス2015.1.18に「原油安 過去の例が示すものは」という米バロンズの記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思っています。

年初から原油安が進行し、1バレル=50ドルを切ってきました。
S&P500指数も年初の取引開始から3日連続で下落しています。
現時点でも米国は原油の1/4を輸入に頼っている状況で、原油安=株安というのは正解ではないとのようです。過去の例を振り返っても、原油安は株価や米国経済にとってマイナスではない(プラスの効果方が大きい)と述べています。

ただし、「原油価格が急反発するとの考えは危険だ」ともしています。
昨日ご紹介した堀古氏も「80-90ドルには戻らないだろう」としており、シェールの採算ラインを考えると妥当な意見だと思っています。
また、ここに来て中国経済の減速も明らかになってきており、実需の減少もあり、こうしたことからも急反発はないのでは・・・と考えられるわけです。

カナダの資産運用会社グラスキン・シェフのエコノミスト、デービッド・ローゼンバーグ氏は、「原油価格は投機筋による先物取引により上昇してきたもので、これは持続不可能なものだった」と述べています。
このような背景から、米バロンズも「原油価格が長期にわたって再び100ドルになることはおそらくもうないだろう」と結論づけております。

さて、ここからは自分の考え方ですが、”100ドルになることはないだろうとしても、60ドル付近までは戻すのではないか”とも思っています。
大きく振れた振り子は、戻す力も大きいとの原則からです。
そうなりますと大きく落ち込んだ時点で原油ETFを拾っておいて、60ドル近辺を目安に売却という選択肢もありだと思われますがいかがでしょうか・・・。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2527-7590a9e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。