知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:34:49
エコノミスト

エコノミスト2015.2.3に「日銀のインフレ目標に逆風となる4要因」という記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思います。

「最近の多くの変化で、日銀の金融政策が窮地に陥ってきた」と書かれています。「その要因は4つあり、原油など資源価格の下落、新規国債発行額の減少、米国経済の成長、ユーロ情勢の悪化だ」とされています。ただし、ユーロ情勢を除けば、いずれの要素も日本経済にとってはプラス要因なわけです。

「最大の問題は、2%インフレに固執する日銀の金融政策が、ファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)の好転した影響を相殺している」とも批判しています。

こうしたことから、「日銀が2%のインフレ目標に固執しているために、ただ値上げばかりが続き、暮らし向きが悪化する状態では、もはや政府の唱えるデフレ脱却がむなしく響く。政府目標の根本的な見直しが必要だ」と結論づけています。

政府がとるべき政策は2%のインフレではなく”景気回復”です。
インフレにすれば景気回復するのではなく、景気が回復すればインフレになるという基本的な考え方に戻るべきではないでしょうか。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2537-4f53f1e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。