知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:53:50
日経新聞

上記は2015年2月5日の日経新聞の記事です。記事の冒頭部分で「会社員らの賃金が2014年に4年ぶりに増えた。毎月の基本給を底上げするベースアップの動きに加え、ボーナスが大幅に増えたためだ」と書かれています。

これは厚生労働省が4日まとめた毎月勤労統計によるデータで、14年の現金給与総額が前年比0.8%増えたということのようです。
この記事から「アベノミクスで給料も増えたんだ〜」と多くの人は受け取ります。

ところが、実際はアベノミクスで物価が上昇しているために、その物価上昇に賃金が追いつかず、実質的には前年比-2.5%であるというのが正しい理解なのです。

記事内にも小さい字で申し訳程度に書いてありますが、実際には「給料総額+0.8%だが、物価上昇に追いつかず、実質は-2.5%」というタイトルにするべきものだと思っています。真実は、アベノミクスには不都合なものだったのです。
アベノミクスの影響で、実際には使えるお金は減っているのに、増えたような印象を国民に与えるのが目的なのではないでしょうか。

このように昨今の新聞やTVなどは、大本営発表的な報道となっており、きちんと読みませんと騙されますので注意が必要です。

実質でも給料が上昇していくようにならないと景気回復は望めません。
現時点で需給ギャップが14兆円あり、補正予算で3兆円程度の経済対策をするようですが、これでは焼石に水なのではないかと思っています。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2545-2370805c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。