知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:31:01
日経ヴェリタス

日経ヴェリタスに英・マングループ社長のルーク・エリス氏へのインタビュー記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思います。

記事の中でルーク・エリス氏は下記のように述べています。
「投資の世界で見られた2014年の大きな特徴の一つは、コンピュータを駆使した運用が人の判断に基づく売買よりも良い成績を残したということだ。この傾向は、おそらく2015年も続くのではないか。
人間は個別リスクを懸念するあまり、全体を見渡して収益機会を見つける行動がとれない。コンピュータはそうした問題と無縁だ。
当社は様々な運用スタイルのファンドを持つが、昨年の成績が良かったのは、コンピュータ運用のCTAで、リターンは30%を超えた。債券や株式といった市場間の相関性が正常なものに戻り、各市場で固有の収益機会が増えたことも、CTAの好調な運用に結びついた」

これはAHLプログラム運用のADPなどのファンドの成績を指していると思われます。マン社としては昨年の好調が今年も継続すると見ているようです。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2564-900a137c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。