FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/07«│ 2020/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:24:45
藤巻

藤巻氏の著書「日銀失墜、円暴落の危機」を読みましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思っています。
昨年10月末の日銀の追加緩和を聞いて、「あーやっちゃった」と思ったと書いていますが、自分も「やってはいけないことをやってしまった」と思ったものです。

氏は「更なる量的緩和は、国の資金繰り倒産、つまり日本の財政崩壊を回避することが目的」と書いています。どういうことかといいますと日銀が国債を購入して政府にお金を出さなければ、日本の予算が組めないという状況となっているのです。つまり、実際には”マネタイゼーション”です。

国の資金繰り倒産の時期は、マネタイゼーションが「今日ばれる」のか「明日ばれる」のかの差に過ぎないとも書いています。金融緩和を始めてから、今では日銀しか国債の買い手はいませんので、日銀が購入しなければ国が資金繰り倒産してしまうというわけです。

実際にはマネタイゼーションを隠すために、民間の銀行に購入させ、それを直ぐに日銀が購入するという方法をとっているわけですが、民間の銀行は「日銀が購入しれくれる」という裏約束があればこその購入なのです。

さらに、今回の金融緩和策は出口戦略がない(できない)とも指摘しています。
日銀が購入している国債は現在は10年債だけではなく、30年債や40年債も購入しています。通常の出口戦略は、債券を市場で売却するということですが、日銀が購入しなくなった債券は価格が下落すると考えられます。
価格が下落するだろうと思われる債券を民間は購入してくれるでしょうか?(米国債のように外国が買ってくれれば良いのですが・・・)

つまり、満期まで保有して、償還を迎えるという戦術しか残されていないと思われます。ただし、30年債とか、40年債とかも購入していますので、満期まで保有というのもなかなか大変です。

また、日銀のような大口の買い手が新たに国債を買い増す余裕がなくなれば、国債は暴落するとも言及しています。つまり、テーパリング(継続して購入していくのを徐々に減らし、止めること)さえも困難な状況というわけです。

藤巻氏は「2020年の東京オリンピックまでに財政破綻が起きなければ(私には到底そうは思えませんが)、オリンピックを契機にインフレは加速し、その後必ずやハイパーインフレになると思います。建築ブームが起きて、銀行貸し出しが伸びるからです。」と警告しています。

自分は東京オリンピックまでは、”何が何でももたせるだろう”と思っていますが、オリンピック後には目標を失うわけで、オリンピック後2〜3年したときに危ないのではないかと感じています。

スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2566-10820506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する