知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:15:04
日経新聞  

上記は日経新聞2月16日の夕刊の1面記事の一部です。これを見ますと「GDP3期ぶりプラス」と大きな字が躍り、いかにも回復傾向にある日本を想像させます。
果たして本当でしょうか?・・・というのが今日のテーマです。

一方、下記が日経ヴェリタス2月22日の記事となります。

日経ヴェリタス

ここには「日本の回復力に疑問符」と記載されています。全く逆に近いヘッドラインです。ではどちらが正しいのでしょうか?
中身を見てみますと設備投資が0.1%増と弱く、個人消費も+0.3%(4-6月期が-5%)、住宅投資-1.2%と回復していないことも分かります。

今回改善に大きく貢献したのは輸出の+2.7%ですが、これは好調だったわけで、現時点では喜ぶべきものだと思っています。もう少し見てみますと、輸出以外には公共投資+0.6%・在庫増+0.2%もあります。

在庫というのは売れていない製品ですが、製造していますのでGDPとしてはプラスの貢献をします。ただし、次回は在庫を減らす必要がありますので、マイナス要因となると考えられます。となりますと今回の回復に貢献したのは、輸出を除けば、公共投資と在庫増だとも考えられます。

これって本当に景気回復か?というのが自分の疑問なのです。

GDP発表直後の甘利経済担当大臣記者会見で、「今年は再び賃金上昇が期待できる」「消費者心理がかなり改善している」などと発言したようですが、「どこからそう言えるの?」・・と思ったのは自分だけでしょうか?

円安による物価高に賃金上昇が追いつかず、実質賃金がマイナスとなっている状況で、どうやって消費者心理が改善するのでしょう?・・・とても疑問です。

スポンサーサイト


コメント
それは
政治家は景気が回復していると国民を偽って、最後は増税するのが目的なんですね。
政治家も官僚も薄汚い奴らばかりです。

ぽにょ│URL│2015/02/27(Fri)15:53:50│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2568-0478cdfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する