知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:40:55
週刊ポスト1  週刊ポスト2

今週の週刊ポストに『それでも「アベのベア」は99%のサラリーマンには「賃下げ」だった』という記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみます。

今年も安倍首相の賃上げ要請に呼応して、大手企業が過去最高のベースアップを発表し、メディアがそれをあおり立てるということになっていますが、実態は違うということです。

これはどういったことかと言いますと、安倍政権の誕生以来、異次元緩和による円安政策で物価が上昇してきました。そのため、実際に使えるお金である実質賃金が今年1月まで19ヶ月連続でマイナスとなっています。実質賃金が上がらなければ、GDPの6割を占める個人消費は伸びず、景気が上向くことはないのです。

メディアはこうしたことは一切指摘せず、今年の大企業のベアを連日報道し、好景気ムードを盛り上げているというのです。
確かに、上がらないよりは上がった方が良いでしょう。しかし、物価上昇率を越えて上がらなければ、実際には使えるお金はどんどん減っていくのです。

埼玉学園大学教授の相澤氏は「物価が2〜3%上がっている状況下では、それに追いつく賃上げなど到底実現しません。大メディアなどは過去最高のベアと報じていますが、アベノミクスの恩恵を受けているはずの大企業でさえ、賃上げは物価上昇に追いつかず、従業員の実質賃金はマイナスとなっているのが実態です」と指摘しています。これがアベノミクスの現実なのです。

財務省と内閣府が3/12に発表した1〜3月期の法人企業景気予測調査では、大企業の景況感を示す景況判断指数(BSI)は1.9となり、「上昇」の回答が「下降」を3四半期連続で上回ったとされ、”景況感3期連続プラス 大企業1〜3月、設備投資も拡大”という見出しで新聞報道がなされていました。

しかしながら、中堅企業の1〜3月期のBSIはマイナス2.2と、プラスだった前期からマイナスに転じ、さらに中小企業はマイナス14.8となり、前期からマイナス幅が拡大したのです。日本の企業の99%は中小企業ですので、”景況判断はマイナスへ”と報道するべきだと思います。ここにも嘘が隠れているわけです。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2594-e825549e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する