知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:41:57
WooRisというサイトに『栄養士は絶対買わない!スーパーの「アブない添加物」4つ』という記事がありましたので、本日はこれをご紹介したいと思います。
この記事は、海外の健康情報誌『Women’s Health』ウェブ版の記事を参考に、米国の栄養士が「これが入っているものは絶対買わない」という食品添加物を紹介したものです。

■1:トランス脂肪酸
女性は“脂肪”という言葉にとても敏感。食品の中には、不飽和脂肪酸など健康的で体に必要な脂肪を含むものも多くあります。
しかしトランス脂肪酸は、天然に食品中に含まれているものもありますが、油脂を加工・精製する工程でできるものもあり、マーガリンや、トランス脂肪酸を含むものを原材料に使った洋菓子や揚げ物などに含まれているそうです。心臓疾患や肥満にもつながるので、記事中の栄養士はまずラベルのここをチェックするそうです。

■2:化学調味料
アメリカでは一般的に“MSG”と表示される、グルタミン酸ナトリウム。特にアジア系食品の味つけによく使われる調味料で、レストランなどで大量に使用される場合があるといいます。
しかし、化学的に作られたこの調味料でアレルギー症状を起こす人も多く、注意が必要。ある栄養士によると、これが入っていることで塩分もかなり高くなるため絶対に避けているとか。かわりに自然の産物である海塩やさまざまなスパイスを駆使するなど、工夫してみましょう。

■3:人工甘味料
「カロリーゼロだから……」と、料理やコーヒーに甘味を出すために、人工甘味料を使っていませんか? 
栄養士によると、化学的に精製された甘味料は健康に悪影響があるばかりか、カロリーがなくても、もっと甘いものが食べたくなってしまう可能性があるということです。料理や飲み物に甘味を足したい場合は、ハチミツやメープルシロップなど、自然食品を少量使いましょう。

■4:異性化糖と砂糖
食品の中に砂糖が材料として入っている場合、果物などに自然に備わった砂糖の場合もあります。しかし、添加物として大量に加糖されている場合は、避けたほうが無難ですね。栄養士は、「添加されている材料の中で、砂糖の量がずば抜けて多かったら絶対に買わない」と断言しています。カロリーが増加するだけでなく、健康・美容にも害をもたらします。
また、市販の清涼飲料水やサラダのドレッシングにも使われる“異性化糖”と呼ばれる甘味料もNG。食品が自然でなく、精製されたり加工された後に加糖されている可能性が強いので、これも避けたほうがよいそうです。


ブログでも食品添加物について何度か取り上げていますが、自分も上記のようなものが添加されていた場合は、出来る限り避けています。
ここのところ、「1日1食」にしているお陰で、こうした添加物を体に入れてしまう(完全には避けられないため)量・機会も減っていることは確実です。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2596-ddf15af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する