知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:28:31
奇跡が起こる「超小食」

奇跡が起こる「超少食」(甲田光雄監修)を読みましたので、本日はこれについて書いてみようと思っています。

自分は幸いにもまだ病気になっていないうちに、友人から”葬られた「第2のマクガバン報告」”を紹介され、その時点から玄米菜食に変更しました。今年に入り、さらに数冊の本を読み、3月初めからから「1日1食」を開始したという経緯です。

今回読みました本は、副題にも「超少食で難病が治った」とあり、実践者10人の証言が載っています。空腹状態をつくることで、自然治癒力を活性化するというのが超小食で病気が治る理由だと考えられています。
不幸にも、難病にかかってしまって、他に治療方法がないという患者さんはこうした方法も試してみるのも良いのかもしれません。

また、本の後半では、「なぜ超少食で難病が治るのか?」ということを3人の医師が分析しております。
その中で安保徹氏は、少食の問題(なぜ病気が治るのか)を科学的に解明しようと思い、マウスを用いて実験をしたと書いています。最初に、マウスに与える餌のたんぱく質(通常は25%含有)量を減らす実験を始め、たんぱく質の割合を10%、5%、0%に減らして免疫力がどう変化するか調べたとのことです。

すると驚くことに、たんぱく質の割合を下げれば下げるほど、免疫力が上がっていくことが判明したと報告しています。

その後、マラリアとがんに対しても、マウスがどういう抵抗性を示すのか調べたようです。結論は、低たんぱくの餌にしたら抵抗力が強くなっていくことがわかり、たんぱく質の割合を下げるほどマラリアで死なず、さらにはがんも転移が消滅していたとのことです。こうした実験結果にもヒントがあるのではと思っています。

「1日3食」をとられている方は、いきなり「1日1食」というのは難しいでしょうから、まずは朝食抜きの「1日2食」から始めるのがベストなようです。ただし、食事の回数を減らしたからと言って、その時に多く食べてしまっては意味がありません。自分の場合には、”夜1食で、腹8分目”を目安としています。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2597-bc83ad04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。