知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:23:38
日経新聞

4月10日の日本経済新聞に「緩和マネー相場 再点火」というコラム記事がありましたので、本日はこれをご紹介してみようと思っています。

金曜日に日経平均株価が、一時20,000円の大台に乗せましたが、最終的には30円安の19,907.63円で終了しました。月初の調整時には、「決算発表を見てから2万円か?」となったようですが、あっさりと2万円を記録してきました。

この背景には3月の米国雇用統計の悪化を背景に、米国の早期の利上げ警戒が後退したことが上げられています。
また、月末の日銀の金融政策決定会合で、追加緩和に動くという期待もあるようです。記事の中でも言及していますが、”緩和マネーが相場を支える構図”というのは変わっていないとも言えます。

今後の課題はカネ余り依存からの脱却だとも書かれています。
「金融相場から業績相場へ」は一段の株高の条件だ、とも書かれていますように、もうすぐ始まる3月企業の決算発表ラッシュを機に、「日本企業の実力を買う」という動きが本格化するのかどうか、見極める必要がありそうです。

このように記事をご紹介してきましたが、自分の基本的な考え方は「5頭のクジラが買わなくなったら、外国人も売ってくるだろう」ということです。
つまり、「2016年以降には株価が下落してくるのではないか?」と(現時点では)予想しており、そうした考えを基本に動いていこうと考えています。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2614-abd56fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。