知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:37:59
週刊現代 週刊現代2 週刊現代3

週刊現代に『2015年夏 「不動産が暴落する」全情報』という興味深い記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思っています。

今、都心の一部では不動産価格が上昇しているようです。また、東京ほどではないようですが、関西圏の一部でも不動産バブルになっている地域があるようです。
記事では「都市圏の値上がりは危険な水準まで達しつつある」と指摘しています。

東京大学大学院の大西准教授が、1986年からのデータ約108万件を分析した結果、「2012年からの状況が(バブル真っ最中の)1988年と似ていることが分かった」と述べています。これは、売買価格のばらつきを分析することで不動産バブルの度合いを計測するという独自のモデルで、バブル期には、一部の高級な不動産価格が突出して高くなり、同じ地域内でもバラつきが大きくなることに注目したようです。

上記の分析によりますと、今の状況も、一見、実需に基づいた好況かと思われますが、実質的には危険水準に近づきつつあるということのようです。

特に中国などのアジアの投資家が都心の優良物件を買い漁っているのが特徴で、彼らの殆どは売却利益(キャピタルゲイン)が狙いで、日本人オーナーの多くのように家賃収入(インカムゲイン)が目当てでありません。
そのため、値上がり益が出るようなら転売して出口戦略となります。
最後に、誰がババを引くかというゲームなのです。

既に日本は人口減少が始まっており、東京も(オリンピック以降は)人口減少が目立つようになってくると思われます。そうした基本的事実から(ブログでは)日本での不動産投資をオススメしていません。逆に、お住まいになっていない物件は2019年までに売却を推奨しています。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2652-73a0b3e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する