知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:00:54
日経ヴェリタス

日経ヴェリタスに「制度的欠陥を抱えるユーロ」という野口悠紀雄氏の寄稿した記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思います。

ユーロに関して、(ブログで)制度的な欠陥を書いてきましたが、8/16の日経ヴェリタスで、野口氏は「ユーロの決済システムの制度的欠陥」を取り上げています。ここでのポイントは「target2」と呼ばれる決済システムです。

(ギリシャ人が)ギリシャの銀行預金のユーロを引き出してドイツの銀行に預けた場合に、「target 2」と呼ばれる決済システムを通じて決済が行われ、ドイツが自動的にギリシャに貸し付けたことになるとのことです。そのため、ギリシャの銀行預金が激減し、ギリシャ経済が円滑に回らなくなったのです。

仮にギリシャがユーロに加盟していなければ、ギリシャ中央銀行が一時的な資金の貸し付けを行うことができます。ところが、ギリシャがユーロに加盟している限り、ECBの許可がない限りできないというわけです。

野口氏はユーロのシステムについて、下記の問題点を指摘しています。
「第1に、貿易不均衡があってもtarget 2によって自動的にファイナンスされてしまい、不均衡を是正しようとする市場の圧力が働かない。
第2に、ギリシャの国内銀行が取り付け騒ぎに直面しても、ギリシャの中央銀行だけで対処することが出来ない」


現時点ではギリシャ問題は小康状態を保っていますが、制度的欠陥が改善されたわけではありませんので、再び激震に見舞われることは必至だと思っています。
そうしたこともあり、自分はユーロ建て投資は一切していないのです。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2753-e8d34870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。