知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:43:53
現代ビジネス(週刊現代)によりますとジムロジャース氏は、中国の経済誌『価値線』のインタビューに応じるために、南京で下記のように語ったとのことです。

「私が思うに、世界の金融危機がそろそろ爆発しそうだ。早ければ今年の秋にも爆発する可能性がある」

「私はもう米国にはなにも投資はしていない。すでに米国の株価は史上最高値を通り越してしまったのだから」

「私は日本株も投げ売った。金融危機の爆発が間近に迫っているということだ。みなさんも気をつけたほうがいい」


ロジャース氏は中国株価暴落発生直後、「中国株を買い増しをしている」と述べていましたが、事態の推移とともに投資行動を180度転換したものと思われます。

中国経済の減速は、来年以降本格化すると思われ、場合によるとリーマンショック級の金融危機に発展する可能性もあると思われます。さらに、中国の経済減速は、共産党政権の維持にも影響する問題だと考えております。

日本ではあまり報道されていませんが、天津での大爆発前後にも多数爆発事故(事件?)が起きており、また暴動やデモなども各地で起こっています。今やこうした暴動を鎮圧する予算は、国家防衛費よりも多いという有様です。

共産党が政権を維持していくための必要条件が、高い経済成長率の達成というわけですが、ここに来て7%はおろか、3%さえどうかという状況になりつつあり、来年はさらに減速するという予測さえあります。

自分としては、数年後の”共産党政権崩壊”という想定も頭の中に入れて、今後の投資行動を決定していく必要があるのでは・・・と思っております。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2777-47056617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する