知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:25:34
日経ヴェリタス

日経ヴェリタスに野口悠紀雄氏が寄稿した『追加緩和 正体は「株価操作」!?』という記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思います。

10月末に日銀の政策決定会合がありますが、日銀の追加緩和に期待する声があるようです。野口氏は追加緩和に期待する本音は「株価引き上げにあるのではないか」とみているようです。

しかしながら、公的資金による株価下支えには、以下のような問題があると指摘しています。
1)株価の変動に伴い、資産額が増減するリスクが非常に高まること
2)株価がゆがめられ、日本の株式相場は「官製相場」になり、企業や経済の本当の姿が見えなくなること
3)上記のような問題があるにも関わらず、効果が確実ではない
4)出口戦略が困難である

というようなことから、公的機関による株価対策から一刻も早く脱却をすることが必要であると訴えています。

確かに、株価を上げれば景気が良くなるわけではなく、景気が良くなれば株価が上昇するという帰結になるのです。これはインフレにすれば景気が回復するという訳の分からない政策と同じで、本末転倒であると思っています。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2814-f8951045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する