知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:38:09
週刊ポスト 週刊ポスト2

週刊ポストに『白髪三千丈の中国粉飾GDP そして始まる「世界市場のチャイナ・シンドローム」』という特集がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思います。

先日、中国の7-9月期のGDP成長率が6.9%と発表されましたが、ブログでも言及しましたように非常に疑わしいと指摘しています。嘉悦大学の高橋氏は、GDPの発表が早すぎる点も疑問視をし、最初に7%ありきではないかと述べています。
また、現在の中国のGDP成長率は、輸出入統計から推測すると、前年比マイナス3%くらいではないかとも述べています。

さらに、英国の調査会社ファゾム・コンサルティングが李克強指数をベースにした独自の試算では、2015年のGDP成長率は2.8%、2016年は1.6%としているようです。

このように、中国の統計は信用できないと思われ、ソ連崩壊前の粉飾決算と似てきたとも言えます。直ぐに、中国が崩壊するとは思っていませんが、今までのような成長は期待できないというのが正直な感想です。

先日行きましたアジアのリゾート・ホテルの話ですが、一緒に合流した後輩の話によりますと、昨年同時期はレストランが中国人で溢れ、各テーブルではシャンパンやワインが多く抜栓されていたそうです。ところが、今年はレストランにお客がほとんどおらず、中国人が激減した現実を見てきました。

中国人爆買目当ての免税店などを出店しようという計画もあるようですが、上記の状況を見てきた自分としては、目論見どおりに行くのか少し懐疑的です。
今年までの(日本での)爆買はけっこうな勢いでしたが、来年以降は徐々に下降気味になっていくのではないかと思っております。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2816-3cdb308a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。