知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:48:00
日経新聞によりますと
『内閣府が12日発表した7~9月期の機械受注統計によると、民間設備投資の先行指標である「船舶、電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は2兆3813億円で4~6月期に比べて10.0%減った。前期を下回ったのは5四半期ぶり。中国など新興国経済の減速に伴い、電気機械や鉄鋼などの投資が鈍った。』
『日本工作機械工業会(東京・港)は11日、10月の工作機械受注額(速報値)が前年同月比23.1%減の1028億4100万円だったと発表した。3カ月連続のマイナス。好不調の目安とされる1000億円は超えたが、2013年4月以降で初めて減少幅が20%を超えた。』
とのことです。

中国などの新興国経済の景気減速に伴い、機械受注の減少幅が大きくなってきているようです。また、コマツや太平洋セメントでは現地従業員の10%程度を削減するとも報道されています。こうした景気減速で、利益予想の下方修正を余儀なくされる企業も出始めております。

上記のように景気減速が明らかになってきているにも関わらず、現在の日本株は高値を維持している状況です。今後、株価は継続的に上昇していくとは考えておらず、そう遠くないうちに下落に転じてくると思われます。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2833-3e9c9f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する