知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:03:44
週刊現代  週刊現代2

週刊現代に『中国財政部が作成した「極秘レポート」を読んで仰天!』という記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思っています。

このレポートは、予算を担当する財政部が共同で作成したもので、中国経済の近未来を予測したものだとのことです。このレポート内で、中国経済が「まもなく崩壊に向かう」という警告を発しているようです。

その見解では、中国は短期的に、深刻な状況に陥っていくとしており、その原因は、生産過剰・資産価格バブル・地方自治体の過剰債務にあるとしています。

このような悲惨な状況の対応策として、いくつかのことを考えているようです。
第一は体制改革を通じての状況改善、第二に生産率の向上、第三として輸出の安定、第四として消費の促進としています。

ただし、このレポートの結論としては、これらの対策がいずれもさほど効果を発揮しないため、従来型の政府主導の公共事業に頼るしかないとしています。

さらに、中国経済の底が抜ければ、日本も「対岸の火事」では済まされず、隣国に迫り来る「Xデー」に備えておくべきかもしれないと警告しています。

2016年以降は、バブル崩壊に備える必要があると思っており、世界のどこにでもそのトリガーがあるような気がしております。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2856-e3e22ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。