知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:20:09
本日は久しぶりに金貨の話題です。
つい先日ですが、米国で2009年に単年度だけ発行されました「ウルトラハイリリーフ金貨」を購入してみました。直径27mm・厚さ4mm、重さが31.1gの純金 0.9999(フォーナイン)の金貨となります。
なお、65トンの圧縮を2回かけて作製されております。
またこの金貨は、1907年に発行された「セントゴーデンズ ウルトラハイリリーフ金貨」の復刻版と見られています。

ウルトラハイリリーフ ウルトラハイリリーフ2

ウルトラハイリリーフ金貨には、幾つかのグレードが存在しますが、その中で購入するべきものは、トップグレードであるMS70(あるいはMS70PL/プルーフライク)です。また、サイン入りのものや、初期ロットに与えられるファーストストライクも存在します。(これらの方が価格は高価になっていきます)

将来的な値上がりを考えますと、MS69以下のグレードは(ウルトラハイリリーフコインに関しては)避けておいた方が賢明です。

今回購入しましたものは、もっとも一般的なタイプのPCGC社鑑定 MS70で、基準価格(2015年 現在)が2,950ドルとなっております。今回たまたま、基準価格よりもけっこう安価な出物を見つけましたので、購入したというわけです。

金貨は将来の値上がりという期待もありますが、持ってみますと重みなどを感じられ、所有する楽しみもあるのです。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2873-d1606cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。