知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:04:51
日経ヴェリタス

日経ヴェリタスにBNPパリバ証券の河野氏が寄稿した「米利上げが招く5つのリスク」という記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思います。

リーマンショック後のQEにより新興国バブルと資源バブルが醸成され、QE3の終了とともにこれが全面的に崩壊を始めたとしています。多くの人は原油安のプラス効果にばかり注目したが、新興国や資源国向けの輸出低迷をもっと懸念すべきだったとも述べています。

河野氏は、米利上げが招く5つのリスクを上げています。
1)新興国バブル、資源バルブの過程で積み上がった過剰債務の調整困難
2)米利上げ効果をリーマン後の金融規制強化が増幅するリスク
3)米の利上げが人民元高をもたらすこと
4)利上げによるドル高で、米国が不況に陥るリスク
5)利上げによる金利上昇で米国の内需に与えるリスク

1980年代以降の米国経済の拡大期間は平均で8年弱といわれており、今年の6月には7年目に突入するとのことです。そうなりますと景気拡大局面の残りがそれほど長くないことが、今後徐々に意識され、株価が下落する場面では、「世界経済が後退局面に入る」というリスクシナリオも意識されるだろうとしています。

自分もそろそろどこかのタイミングで、景気後退局面から株式の大きな下落があると思っており、株式投資から一時撤退しました。今後、大きな下落があった後に、再び参入するべく現金保有としています。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2889-b9326439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する