知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:01:45
お金は歴史で

加谷珪一氏の著書『お金は「歴史」で儲けなさい』を読みましたので、まとめを書いておこうと思います。

日本経済の大きな流れをつかみ、これに過去の歴史で起こってきたことを加味し、これからの投資戦略を・・・というのが大まかな趣旨であると思います。

近年、日本は貿易赤字が拡大しつつあります。しなしながら、これは大震災後の原発停止による原油輸入増加による燃料費増大で起こったものではなく(原発停止には節電で対応し、輸入量を増やしたわけでないとしています)、構造的な要因であり、基本的に回避することは難しいと述べています。

また、経常赤字の常態化も見えてきており、長期的な流れでは円安になるのは避けがたく、そうなりますと海外への投資が有利になってくるとしています。また、ここまで積み上がった国の借金を返済することは不可能で、インフレによる借金の減殺しかないだろうというのは著者も自分も意見を同じくしているものです。

つまり、アベノミクスが成功しても、失敗しても、インフレが進む可能性が高く、投資家はスタグフレーションやハイパーインフレという最悪の事態にも備えておくべきであるとも書かれています。

次に、中国のバブル崩壊の目安ですが、米国や日本のバブルと基本的に同じメカニズムであり、どの程度で崩壊するかという限界値もほぼ共通だとしています。これは総融資残高がGDPの1.5倍〜1.6倍になってくると危険水域だ指摘しています。

中国における2012年のGDPが52兆元で、総融資残高のGDP比率が1.67倍となるようですので、ここから推測しますといつバルブ崩壊となってもおかしくない状況のようです。あとは、ソフトランディングできるかどうか?の問題です。

また、後半部分では「長期投資は安全に儲かるのか」というテーマもありました。
通常、株式投資などの分析には、正規分布と呼ばれる確率分布が用いられるのですが、近年正規分布は数学的には美しくても、現実社会をうまく反映していないとの批判が出ていると書かれています。

そこで、正規分布の代わりに注目を集めているのが”ベキ分布”といわれるものです。ベキ分布は、大きな値に向かって緩やかに裾野を延ばしていく形状の分布で、自然現象のなかにはベキ分布に従うものが多いことが知られるようになったとのことです。

株式投資後10年経過して、どのくらいのリターン(平均リターン9.8%・TOPIX)になっているか?を、ベキ分布によりシュミレーションしますと、資産が増えた人が7割、元本割れした人が3割という結果になったようです。

つまり、長期投資=低リスクではないということです。多くの人は、リスクが高い=投資した資金が減る確率が高い、リスクが低い=投資した資金が減る確率が低い、と考えているようですが、投資の世界ではリスク=ブレですので、長期投資をする場合にもこのあたりの感覚も頭に入れておく必要があります。

資産が減ってしまうことをリスクと考えるのなら、長期投資したからといって、リスクが減るわけではないのです。株価は予想以上に上下にブレると考えておいた方が良く、長期投資で確実に資産形成ができるというわけではないとも述べています。

最後に、未来を見据えた投資戦略として、世界におけるマクロ経済の状況を下記のように記しています。

・シェール革命により、米国のエネルギー自給が可能
・米国の経常終始の改善でドル高が進展
・米国は人口が増加するので、相対的には有利な立場に
・一方、日本は緩やかに経常赤字へ
・欧州や新興国の低迷もしばらく継続する

ここから見えてくることは、中・長期的には円安傾向になるという未来です。
さらに、日本の財政赤字はインフレによる解決しかないと思われ、円安・インフレに備えておくことが重要だと思います。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2893-80305c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する