知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:45:23
RWDS Fact Sheet 2016-01[3]

Rudolf Wolff Diversified Strategies Fundの1月の成績が入って来ましたのでお伝えします。
このファンドは、「IQS Futures Fund」「Rudolf Wolff Income Fund」「Rudolf Wolff Global Equity Fund」をミックスしたもので、2015年7月にローンチしました。

2015年の年間成績はあまり芳しくなく-7.74%という結果でした。
また、2016年1月は-6.16%とけっこう大きなドローダウンを記録しています。

特に今回の特徴は、構成ファンドの中でも安定的な債券ファンドが下落していることが、パフォーマンスの悪化に拍車を掛けていると考えられます。

さて、2016年以降は、いつ金融危機が起こってもおかしくない情勢であると思っています。こうした状況下でファンド投資をするとすれば、ロング戦略(買い持ち)とショート戦略(売り持ち)が可能なファンドが選択肢になります。

両方のポジションを持つということでは、株式ロング・ショート戦略ファンドもありますが、これらは基本的に、株式市場が中・長期的に上昇していくというスタンスでのポジションテイクをしているため、ロング70%・ショート30%程度の割合で投資をしていることが多いのです。

そうなりますと、今後起こるであろう金融危機の際には、焼石に水といった状態になりやすく、マイナス・パフォーマンスとなる可能性が高いと思われます。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2939-9f4814f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する