知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:00:39
フィリピン・マニラ(マカティ)に滞在して、既に10日以上が経過しました。
良いこともありましたが、われわれ日本人がビックリ(困惑する)ことも経験しましたので、本日はその第一弾を書いてみようと思います。

特に、自分が一番カルチャーショックでしたのは、トイレ事情です。
まず、自分が借りたコンドミニアムですが、最初にトイレの説明がありました。

「フィリピンのトイレットペーパーは、水に溶けないので便器に流さないでくれ」ということでした。この時点で、既に「???」なわけです。

トイレ

その後、便器の横に着いているホースのようなものの説明です。
こちらの人は、これでお尻を洗うようです。試しにやってみると凄い勢いです。

これはちょっと間違えたら、洋服が水浸しとなるような勢いでした。
この時点で、すでに帰りたいと思ったのです。(←こんなもの毎日できるか?)

ところが、高級ホテルのラッフルズのトイレにもこの装置(器具)がありました。
また、同ホテルにも、「トイレットペーパーは流さずに、備え付けのゴミ箱へ捨てて下さい」との案内がありました。外国人が知らずにトイレに流し、配管が詰まってしまうことが頻発しているようです。(←そりゃそうだ)

さらに、ここまでは許すとしましょう。
街のレストランに行ったときです。便座がないのです。
これってどうするの?・・・どうもネットで調べると、便座の無い便器の上に乗るか、中腰になるか?などという対処が出てきました。
われわれ男子はOKですが、女子には辛い状況だと思いました。

さらに、便座だけでなく、流すレバーもないお店もありました。お店の人に聞くと、トイレの脇にある水瓶から桶で水を汲んで、流すとのことでした。さらに、フィリピン人はこの桶で水をすくい、下も洗うということのようです。

「はい??」

もちろん、トイレットペーパーが備え付けてないというのは当たり前のことです。
海外に来ますと日本の素晴らしさが再認識できる良い経験でした。

スポンサーサイト


コメント
No title
20年ぐらい前かもしれませんが、上海で毎回トイレを詰まらせてワーワー文句を言われたのを思い出しました。何を文句言ってたのか全くわからなかったのですが、溶けない紙だったのですね。今の上海はそんなことないと思います。

シン│URL│2016/03/03(Thu)09:34:54│ 編集
Re: No title
シンさんもそうした経験をお持ちでしたか。日本人が多く泊まるホテルは、トイレットペーパーも日本から持ってきているようです。それにしても、便座が無いというのは衝撃的でした。これが標準仕様かも知れません。

じん│URL│2016/03/03(Thu)13:30:01│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2944-add7bc0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する