知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:02:43
チャイナスタディー

自分の生活習慣改善のきっかけとなりました”葬られた「第二のマクガバン報告」”の3冊が合本され、チャイナスタディーとして今年2月に出版されました。

先日、「知り合いが大腸がんになった」というブログを書きましたが、その方に以前の本を差し上げましたので、自分用にチャイナスタディーを購入しました。
ちょうど良い機会で、久しぶりに読み返しをしてみましたので、まとめを記載しておこうと思います。

この本のすばらしさは、内容は実験や疫学調査により得られた事実だということです。しかも、統計処理をして有意であると証明されたものなのです。

基本的な考えは、”食べ方と生き方を変えれば、驚くほどの健康が生まれる”ということです。そして、研究を通じて明らかになったことは、プラントベース(植物ベース)の食事によりもたらされる効果は、医療行為で用いられている薬や手術よりも遙かに多様性があり、優れているということです。(しかも副作用なしです)

心臓病・がん・糖尿病・脳卒中・白内障・高血圧症・関節炎・アルツハイマー病・ED、その他全ての慢性病はたいがいが予防可能であり、さらに、今日では重症の心臓病、ある種のやや重いがん、糖尿病、その他のいくつかの変性疾患は食事によって回復可能であることを示す衝撃的な証拠があるとも書かれています。

また、がんの促進因子は、食事に含まれる動物性タンパク質で、これらはがんに及ぼす影響が強く、動物性たんぱく質の摂取量を変えるだけで、がんの増殖を「ON」にしたり、「OFF」にしたりすることができたことも確認しています。
これは、低タンパクの摂取が、酵素活動を著しく低下させ、危険な発がん物質のDNAへの結合を妨げる効果があるということなのです。

さらに、がんの原因に遺伝要素が強いという説がありますが、遺伝因子は数%であり、環境やライフスタイルが原因で生じるともしています。仮に、遺伝的にがんになりやすいとしても、生活習慣の改善でリスクを回避することが可能だとも書かれています。

著者らは、大規模な疫学調査で、中国農村部の人のコレステロール値が、アメリカ人よりも大幅に低かったという結果を示しました。コレステロール値が低いということは、心臓病、がん、そしてその他の欧米風の病気の罹患率が低いことと関係しており、調査の値(血中コレステロール値)は欧米諸国が安全値とみなしているレベルよりも遙かに低かったとのことです。

血中コレステロール値は、病気のリスクの重要な指標であり、動物性食品は血中コレステロール値を上昇させ、植物性食品からの栄養は血中コレステロール値を低下させる作用と関連していたとの研究結果が得られたとしています。

1)健康にとって精製・加工していない植物性食品は有益であり、一方、動物性食品は有益でない。
2)植物性食品には健康で、身長が伸びる効果があるうえ、私たちの身の回りに蔓延している病気や早い時期での発病を避けられるといった、信じがたいほどの効果がある。
3)植物性食品以外の食事選択では、効果があったとしても、その効果はほんのわずかでしかない。
4)精製された白米、白い小麦粉で作られたパスタや白いパン、砂糖をまぶしたシリアル、キャンディ、そして砂糖を加えた清涼飲料などはできる限り避けるべきである。
5)ぜひとも、未加工の新鮮な野菜や果物、そして、玄米やオートミールといった全穀物製品のような加工・精製されていない「複合たんぱく質」を含む食品を食べるべきである。


上記は本の中から、ポイントとなる部分を箇条書きにしたものです。動物性食品で摂れる栄養素は、基本的にはすべて植物性食品から摂れるということです。
例外はビタミンB12で、植物性食品にはほとんど含まれていません。著者はビタミンB12のサプリメントを摂ることを(例外的に)推奨していますが、日本人は海苔を食べることで解決可能です。(ビタミンB12は海苔に多く含まれます)

動物性たんぱく質を摂らない食事法(プラントベースのホールフード中心のビーガン)は、自分がこの4年間継続して実践してきたことでもあり、血液検査のデータの改善、体調の改善など、自分が身をもって体験したものでもあります。
自分はここに1時間程度のウォーキングを加え、近年では「1日1食」を取り入れ、腸の汚れを起こさないようにしています。

すべてを最初からというのは難しいでしょうから、「1日2食(朝食抜き)と週末ベジタリアン」から始めてみてはいかがでしょう?
きっと体調の変化(改善)が感じられると思います。

*この本は、ぜひとも皆さんに読んで頂きたい本の1つです。
知っていると、知らないとでは人生観が変わります。


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2987-498b01d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する