知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:19:25
日経ヴェリタス

日経ヴェリタスに「上がらぬ物価 苦境深める日銀 黒田体制4年目、逆風にどう立ち向かう」と題した記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思います。

日銀総裁が黒田氏になり、4年目になりました。当初、「デフレは貨幣現象で、2年で2%の継続的なインフレ目標を達成する」とのことでした。自分は(たぶん皆さんも)懐疑的でしたが、案の定まったく達成されておりません。

起こったことは、円安による輸入物価の上昇だけでした。多少の給料上昇もあったのかもしれませんが、円安による物価高に追いついておらず、実質賃金(実際に使用できるお金)はアベノミクスの前よりも減少しているという現実です。

何度も言及していますが、インフレありきではなく、景気回復による物価上昇を目指すべきで、「逆も真なり」ではありません。「インフレになれば景気が回復する」という本末転倒的な考え方から脱却できるのか?が重要だと思っています。

先日ご紹介しましたリチャード・クー氏の書籍にも、「金融緩和は景気回復に効果がないが、出口戦略時の金利上昇で困った状況になる可能性が高い」との指摘がありました。自分もその通りだと思います。
民間が借金をして使ってくれるまで、政府が財政出動する必要があるようです。
近年、インフラが老朽化してきていますので、それらの更新をすることで将来世代にもメリットがあると思っています。

ところで、4/27〜28の日銀決定会合で追加緩和が決定されることも考慮に入れた投資戦略が重要だと思っています。追加緩和があれば一時的に株価が上昇するでしょうから、このときには絶好の売り場になるのでは・・と思っています。

近年あまり良いファンドに巡り会っていませんので、自分で取引する機会が増えています。自己取引は流動性リスクが低く、直ぐに換金できる点も良いと思っております。その分、取引のタイミング、ロスカットなどが重要になります。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/2999-39d4a5f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。