知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:26:36
プラチナイーグル

「2015年 プラチナイーグル 100ドル PR70 DCAM ファーストストライク Edmund C. Moyサイン入り」をご紹介します。
こちらはいつものゴールドコインではなく、プラチナコインとなります。
プラチナ99.9%で、重さは31.12g、直径は32.7mmです。写真は黒っぽく見えますが、これは反射によるもので、実際のコインは鏡面仕上げでピカピカです。

いつものようにPCGS社の鑑定済みで、PRというのはプルーフ仕上げ(鏡面仕上げ)を、70というのは最高グレード、ファーストストライクは初期ロットということを示しております。また、DCAMはディープカメオの略で、”白さが強い状態にあるもの”を指します。

さらに、このコインはEdmund C. Moy氏のサイン入りとなります。
今年からMoy氏とMercanti氏はNGC社との専属契約となったために、PCGS鑑定でMoyサイン入りコインがどんどん出てくることはありません。
こうした背景から、両氏サイン入りコインには希少性が出てくると思われます。

PCGS_20160430072345c45.png

上記は鑑定会社PCGSのサイトの一部ですが、2015年プラチナイーグル(Moyサイン入り)の基準価格が、8,500ドルであることが分かります。
モダンコイン選びは、グレードがもっとも重要だと思います。

*昨日、本日とコインセミナーです。新しい知識を得るのはとても楽しいです。
GWはどこかに出かけても混んでいるために、例年のように都内で過ごしています。


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3011-67ba076f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する