知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
10:30:02
コインの選び方の1つの方法をお伝えしようと思います。

本日取り上げるのは、天皇陛下記念10万円金貨です。こちらは2種類あります。
昭和61年と62年に発行された「天皇陛下御在位六十年記念 10万円金貨」と、平成2年に発行された「天皇陛下御即位記念 10万円金貨」です。

ただし、両コインともに発行枚数が多いため、アンティークコインとしての価値は上がらないと思います。では、なぜ本日このコインを取り上げたのか?

それは、金(ゴールド)としての価値を考えてみようということなのです。
こうした見地から、我々が選ぶべきコインは、後者の「天皇陛下御即位記念 10万円金貨 (平成2年)」となります。
なぜなら、前者の金含有量は20gであり、後者が30gであるためです。

天皇陛下御即位記念金貨10万円

これを金の価格で考えてみましょう。
田中貴金属の7/26の税込小売価格を見ますと4,855円となっています。
金の含有量を計算しますと、30g×4,855=145,650円という計算になります。

数年前に自分がネットで購入していたときには、11〜12万円だった記憶がありますので、金価格でみますとちょっと上がってきたということになります。

さらに、このコインには外国コインにはない、もう一つの特徴があります。
金価格がどんなに下がっても、このコインの価値は10万円を絶対に割らないということです。なぜなら、10万円の額面となっているからです。
見方によっては、”下値が決まった金投資”とも考えられるのです。

外国のアンティークコインを選ぶ際にも、金としての価値よりも高いものはプレミアムが乗っていると考えられます。今後の上昇を期待した場合には、発行枚数を考慮しながら、金としての価値も考慮してみると良いかもしれません。
*13時半現在の時点で日経平均株価が16,700円となっております。
29日に17,000円を回復してくるようなら、ショートで狙ってみようかと思っています。


スポンサーサイト


コメント
なるほど
じんさん。
こうゆうことは、考えたこともなかったのですが、確かに下値がサポートされた投資になりますね。一つの考えとして納得できます。情報ありがとうございました。

ラニア│URL│2016/07/29(Fri)12:53:05│ 編集
Re: なるほど
ラニアさん、ご参考になれば幸いです。

じん│URL│2016/07/30(Sat)05:54:51│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3096-36ba4d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する