知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:18:06
2016年もあっという間に、8月になってきました。
自分の投資スタンスを、ここのところがらっと変えてきております。

以前はビジネスファンドが安定的な収益(ビジネスがきちんとしていれば)を生むのでないかと考えてきましたが、実際にはここ数年で様々なトラブルがあり、このファンドなら大丈夫だという(投資)判断をするのが難しいというのが、身をもって分かりました。(←これにはご賛同頂ける方も多いかと思います)

そこで、「ビジネスファンドからは撤退し、実ビジネス投資に切り替えた」というのは、少し前からブログでも言及してきました。
その第一弾が9月にスタートする予定になっています。実際のビジネスへの投資ですから、開業までに準備をして、9月1日開業という流れで進んでおります。

実ビジネス投資と呼んでいるのは、実際の運営・経営は、友人に委託するためです。ただし、契約や申告などは自分が行いますので、経営実態などはファンドと違い、常に把握できるスキームとなっているのが特徴です。

これであれば、以前のビジネスファンドのように経営者が持ち逃げしてしまうということもありませんし(←経営者が自分だから当たり前ですが・・)、機関投資家の解約で突然の流動性リスクに見舞われるということもないわけです。
これらのリスクは、実際のビジネスがうまくいっていたとしても、ファンドであったために起こったものだと思っています。

また、(途中からは)取引されていなかったビジネスをあたかも取引があったように装ったファンド(ファンドは既に破綻)もありました。
アニュアルレポートなどはありますが、実際の経営状況などの把握は一投資家としては限界があります。(レポート自体を粉飾している可能性もあるため)

このようなリスクを考えますと「ビジネス投資をするのであれば、ファンドではリスクが大きすぎる」という結論に至ったのです。

もちろん、実ビジネス投資だから成功するということではありません。
実際のビジネスが成功するためには、別の視点(きちんとしたビジネスモデル、経営など)が必要だというのはもっともな意見だと思います。

スポンサーサイト


コメント
No title
全く同感です。
私が過去20年くらい投資したほとんどの匿名組合、私募ファンドは振り返ってみるとポンジースキームまがいの代物で最後まで償還されずに破たんしています。ソーラー発電を自営で設置するために途中解約したワインファンドだけはかろうじて破たん前に逃げ切りましたが。
プロ級投資家のじんさんでも同じような苦労をされているようで、運用実態が良くわからないファンドには近づくべからずと再認識しました。
特に詐欺ファンドに対して許認可を行う金融庁を始め行政側にはもっと罰則を厳しく取り締まってほしいです。日本はやった者勝ちの詐欺天国でいやになります。

Toshi│URL│2016/08/01(Mon)16:27:33│ 編集
Re: No title
このところ、日本でもワインファンドや診療報酬債権などの詐欺ファンドがありました。また、友人から「知り合いが月利数%で運用してくれる投資先があると言っているがどうだろう?」と相談されましたが、「詐欺と考えたほうが良い」と返事をしました。

土地活用で運用しているとのことですが、実態があまり明らかでなく、それでいて月利数%という案件はあり得ないからです。仮に、うまく運用できているのであれば、土地を担保に自らが銀行から借り入れをした方が儲かり、自分であればそうします。

そうしないということは、何かがあると考えた方が賢明な判断だと思います。

じん│URL│2016/08/04(Thu)06:55:31│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3101-6528f259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する