知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:00:30
日経ヴェリタス1日経ヴェリタス2

日経ヴェリタスに『「空き家2000万戸時代」の備え』という記事がありましたので、本日はこれをご紹介したいと思います。
人口減少時代を迎え、家や土地が余りが加速しているようです。

こうした時代に相続した実家や土地などの処分に困っている人もいます。
実際に自分の親戚も、父親から相続したリゾート地の土地を売却したいのですが、買い手が付かず悩んでいる状況です。(←すでに3年が経過しています)

記事には「住まぬ実家は安くても売るのが賢明」と書かれていますが、(本当の現実は)そうした物件は、このように買い手が見つからない状況です。
かといって、土地は自動車のように廃車というような選択ができず、困っている現状があちらこちらにあるのです。こうなると”出口戦略のないマイナスパフォーマンス(税金や維持管理費が掛かるため)の流動性リスク資産”と化します。

今後はこのように被相続人が悩むことがないよう、土地や住宅を所有している方は、早めの売却を考えた方が賢明だと思います。

また、記事には相続対策でアパート経営に飛びつく地主も増えていると紹介していますが、今後さらなる人口減少となっていくわけですから、(長期の視点としては)賢明な選択肢であるとは(自分には)とうてい思えません。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3111-6499230e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する