知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:28:48
東洋経済オンラインに、オフィスバトン「保険相談室」代表 後田 亨氏の『生命保険選びの基本は「入らないこと」である』という記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思います。

後田氏の本を数冊読んだことがあり、もともとは保険の代理店をしていたときに、現在の保険商品に疑問を感じて、どこにも属さない保険のアドバイザーとして活動するようになったと書かれていた記憶があります。

氏の保険に対する考え方は、自分とほぼ同じです。
「生命保険も、自動車保険と同じ視点で選択すると良い」と書いています。
考え方としては、下記の3つになるとのことです。

1.自力では対応不可能な事態のみ保険で備える
2.1に該当しないケースは、自費で賄う
3.貯蓄性を求めない


各生命保険会社はコストを明示していませんが、ライフネット生命だけは明らかにしており、それによりますと商品別に保険料に見込みで含まれる保険会社の運営費の割合は、おおむね20%弱〜30%強とのことだそうです。

仮に、保険料を1万円払ったとしても、実際に保険に充てられるのは、7,000円強だと考えることができます。これでは、「コストが高すぎて、割高な商品ではないのか?」という疑問がわいてきます。

そこで、賢い消費者となるために、自動車保険を選択するときの視点で、生命保険や医療保険を再検討してはどうか?という提案をしています。

そうなりますと、医療保険は必要なく(国民皆保険制度と高額療養費医療制度があるため)、生命保険も小さな子供がいて、子供が成長するまで一定期間、死亡保障を持つ保険以外は必要ないというのが氏の意見で、自分も全く同意見です。

自分は、生命保険・医療保険は、基本的には加入(購入)してはいけないと思っており、医療保険にも、生命保険にも加入しておりません。
皆さんにも今一度見直しをオススメしています。
*浮いた資金や解約返戻金で、(健康のために)無農薬の野菜や玄米、添加物の入っていない調味料を揃えてはいかがでしょう。

スポンサーサイト


コメント
なるほど
じんさん。
自分もこの記事は読みました。高齢者が契約できる月額掛け金3,000円、入院時5,000円【金額はイメージです】といった医療保険を目にすることがあり、これは明らかにバカバカしいと考えていたのですが、ここでは、具体的な経費が示されていて参考になりました。
保険金を払うならそのお金を貯金した方が良いというコメントには納得しました。

ラニア│URL│2016/09/02(Fri)08:14:03│ 編集
Re: なるほど
ラニアさん、記事を読まれましたか(笑)自分は加入しておりませんが、けっこうな方はこうした保険に加入しているようです。
「ガンでの先進医療費が心配・・」みたいに保険の説明には書いてありますが、「実際の適用は20,000人にひとり」とは書かないのです。こうした不都合な部分は、保険会社は明らかにしないのですね。保険のコストもそうですが・・。

じん│URL│2016/09/02(Fri)15:00:04│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3133-0206166b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する