知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:01:57
資産運用のカラクリ 2016 投資と税金編

安間 伸氏の著書「資産運用のカラクリ 2016 投資と税金編」を読みましたので、まとめを書いてみようと思います。この本は2003年に出版されたものを2016年の税制改正に合わせて改訂版としたものです。

初めに「投資にはデットとエクイティの2種類しかない」との本質論を展開しています。あらゆる投資商品は、エクイティとデットに分類されるとのことです。
エクイティを保有することは、会社のオーナーになることで、デットを保有することは、会社への金貸しになるということです。

次に税制として、「投資家にとって雑所得が最悪で、雑所得になる投資はしない方がよい」と断言しています。
似たような投資で「株式の分離課税」に含められる商品があればそちらを選び、源泉分離課税で終わる「利子所得」は避けるべきだともしています。
その中で預金(とくに外貨預金)が一番損だとも述べています。外貨預金は全力で回避するべき、最も不利な商品であると言及しています。

外貨預金のデメリットして、預金保険の対象外であり、両替手数料が割高なケースが多いこと、金利が低く、利息は利子所得として源泉課税され、どんな商品とも損益通算ができず、取り返すことができないことなどをあげています。
また、為替差益が雑所得、損失は他にプラスの雑所得があれば相殺できますが、それらの合計がマイナスでも他の所得を減らすことはできません。また、損失の繰り越しもできないのです。

一方、「オーバーパーを買うな!」、「利払い直後に買え!」といった債権の鉄則は、効力が弱まった(以前に比べて)ものの引き続き有効だともしています。

最後に、「申告不要制度を活用せよ」ともしています。
例として、今年の株式が4,000万の利益があって、昨年までの損失繰り越しが1,000万あったとします。

利益を出した口座が1つしかなければ、確定申告して損益通算し、約800万円の税金を600万[(4,000万-1,000万)×20%]に減らすしかありません。
しかし、損益通算で控除しきれなかった3,000万円は合計所得金額にプラスされるため、社会保険料などが上がります。

それを避けたいのであれば、申告不要制度を使うことになりますが、すると今度は損失繰り越し1,000万を使って今年の利益を減らすことができなくなり、200万円の税金が取り戻せないのです。

では、4,000万円の今年の利益が2つの特定口座(源泉あり)に3,000万円、1,000万円と分かれていたらどうでしょう?
その場合は、1,000万円の方を確定申告して、損失繰り越しと相殺し、200万円の税金を取り返すことができます。一方で、3,000万円の口座は申告不要制度を使って、600万円の税金を払いっぱなしにします。

こうすれば、合計所得金額が増えることのデメリットを避けながら、損益通算や損失繰り越しのメリットを得られるのです。賢い人は特定口座(源泉あり)を複数作り、それそれで利益や損失のコントロールをするというわけです。
*先週金曜日にNYダウがけっこう上げて、18,300ドル台になっていましたので、月曜の朝にCFDでショートポジションを取りました。昨夜のNY市場でダウが若干下げましたので、ストップロスを買値以下に移動して様子見中です。この状態であれば、 下がれば含み益が拡大していきますし、上がってストップロスで終了しても利益は確保できます。
今回は大きな利益は狙えませんが、細かく何度か利益を確保できると思います。


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3166-a7caafbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する