知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:33:51
トランプ大統領とアメリカの真実

副島隆彦の著書「トランプ大統領とアメリカの真実」を読みましたので、サマリーを書いておこうと思います。こちらは今年の7月10日に出版された本です。

先日の副島氏の本をご紹介した時にも書きましたが、副島氏は早い段階からトランプ大統領の誕生を予告していました。本の中では「次の米大統領はトランプで決まりだとこの2016年5月22日に決めた」と書いています。

なぜ、副島氏がなぜそう思ったか?ということについても言及しています。

『デイヴィッド・ロックフェラーがまさしく”実質の世界皇帝”であり、”ダビデ王”である。そして、キッシンジャーはその最高位の直臣である。キッシンジャーと同格の重臣は、ポール・ボルカー(レーガン政権のFRB議長)である。』

『だから、この2人が「次はトランプにやらせよう」と決めた。だから、次はトランプだ、ということだ。私は、ここまではっきりと書く。だから5月18日のトランプのキッシンジャー訪問は、決定的に重要なことだったのだ。ということは”ロックフェラー家の嫁”であるヒラリーは、捨てられたということだ。』


氏によりますと、ドナルド・トランプを次の大統領にするということで、キッシンジャーとロックフェラーが決断したために、5/18のキッシンジャー宅訪問が決まったとのことです。

また、冒頭部分で下記のようにも書いています。

『そうなると「トランプ大統領の時代」が来年からほぼ確実に始まる。それは世界に大きな影響を与える。当然、あれこれ日本にも大きな変化が現れ、打撃を与える。その中心は、トランプ発言の「日本からの米軍撤退」問題である。
帝国の軍隊は70年も外国(即ち日本)に居座ったら、「もう帰ろう」で撤退するものなのである。そのとき日本はどうするか、どうなるかだ。』


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3232-13130b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する